事業責任者インタビュー 実店舗向け営業

事業責任者インタビューO2O事業部 事業部長

お客様の課題解決と数字貢献を求めて営業職へ

実店舗のデジタル集客やSNSでの集客サポートなどで店舗の売上向上を支援するO2O事業部の事業部長として、営業部門・事業企画部門・アライアンス部門のすべてを統括しています。前職では大手メディアを運営する会社の企画担当として、新規事業のサービス設計や営業戦略に携わっていました。メディアではなく直接お客様の課題解決ができるサービスに携わり、最前線で数字貢献できる営業職にキャリアチェンジがしたいという思いが強くなり転職を決意、当社に入社しました。 入社後は目標達成のために1日の成果にこだわり、妥協せずに必要なアクションをやり切ることを継続してきたことにより右肩上がりで数字を伸ばしてきました。その成果を認められ、入社して3年で事業部長に就任するというスピード昇格を実現できたと考えています。

大切なのは現状に満足しない向上心を持つこと

O2O事業部は、飲食店・小売店・アミューズメント施設・美容サロンなど多種多様な業種のお客様に対して、デジタル集客やSNSでの集客サポートなどで店舗の売上向上を支援しています。具体的には「GMOリピーター」、「LINE公式アカウント」、「Instagram」などを活用し、運用をサポートすることによって店舗への集客を最大化させるお手伝いをしています。 業種によって店舗が抱える課題やニーズもさまざまなので、ただサービスを提案するということではなく、それぞれの業種のことを深く理解するということも求められます。営業未経験でもまったく問題はありませんが、お客様のことを理解するために多くの情報や知識をキャッチアップし続けることが活躍の秘訣かと思いますし、そういった向上心のある方と一緒に事業も成長させていきたいと強く願っています。